マネージフリッター 使い方こちらからフォローしてフォロー返し(リフォロー)をしてくれなかった人をリムーブ(アンフォロー)するのに役立つサイトを紹介します。

それが「マネージフリッター」です。

 

そもそもなぜ、リフォローしてくれなかった人をアンフォローするのかというと、ツイッターにはフォロー数が2,000人を超えると、1.1倍ルールが適用されるためです。

 

1.1倍ルールというのは、2,001人目以降のフォローからは、フォロワーの1.1倍の数までしかフォローできなくなるのです。

 

具体的に数字を出しますと、フォロワーが2,000人いれば、1,1倍の2,200人までフォローできます。が、フォロワーが1,800人だとすると、1,1倍で1,980人なので、上限の2,000人までしかフォローできません。

 

なので、フォローを返してくれない人をいつまでもフォローしていては新たに誰かをフォローする事ができず、フォロワーを増やしていけなくなってしまうということです。

 

そこで、使い勝手が良いマネージフリッターを使います。

 

このサイトでは、こちらが一方的にフォローしてリフォローしてもらっていないアカウントを表示してくれます。自分でいちいち探す手間が省けますし、アンフォローするのも簡単にできるのでかなり便利なサイトです。

 

まずは自分のツイッターアカウントにログインしてからマネージフリッターのサイトへ

ManageFlitter

メニューバーの一番右にある「サインイン」をクリック。

マネージフリッター

 

Connect to Twitterをクリック

managefulitter 使い方

 

利用許可するため「ログイン」ボタンをクリック。(2回目以降は(自分のツイッターアカウントの)パスワードを入力してログインします)

manehuri4

 

プランは無料の「Free」を選んでください。

マネージフリッター

 

あなたのアカウント情報の読み取りが始まります。フォロー・フォロワー数やつぶやきが多い場合は少し時間がかかることもあります。

マネージフリッター

 

Fast Selectをクリック。

manehuri7

するとアイコン一覧が出てきますので、マウスで範囲を決めて右側にある「Unfollow ○○ Selected(○○には選んだ範囲の数が表示されます)」をクリックすると、あっという間にアンフォローしてくれます。

 

ここで注意なのですが、簡単にアンフォローできるからといって、一回で一気にアンフォロー200人といったことをすると凍結されてしまいかねません。少しづつアンフォローしていくようにしましょう。

 

左側にある「あなたがフォローバックしていない人(←ちょっと日本語の意味的に間違っている気がしますが、、あなた「を」じゃないの?」が、あなたをリフォローしてくれていない人になりますので、基本的にはこれだけでOKです。

 

他にも「あまりツイートしない人」「非アクティブ」「Non-Japanese」などありますが、これらよりもまずはリフォローしてくれない人をアンフォローする事を優先にしてください。

 

1 フォローする

2 リフォローしてもらうことでフォロワーが増える

3 フォロー返ししてくれない人をマネージフリッターでアンフォローする。

1に戻る

 

この繰り返しでフォロワーを増やしていきます。